派遣 看護師 高収入

派遣看護師 - 高収入で職場選び

看護師の単発の仕事のメリット、デメリット

近年では看護師の働き方にも様々な選択肢があり、一つの医療機関や職場に身を置いて働くのではなく、アルバイト看護師や派遣看護師として1日のみや数日間などの「単発の仕事」をする看護師もとても増えてきました。単発の看護師の仕事でのメリット、デメリットを考えた時にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

まずメリットとしては、自分の働きたい時に働くことができる、自分のしたい仕事(業務内容)を選択できる、たくさんの分野・仕事を経験できる、プライベートな時間もしっかり取ることができ仕事中心の生活を避けることができる、スタッフや患者さん・利用者さんなど仕事上関わる人との時間が少ないため(基本的に一期一会ですね)人間関係での悩みが軽減される、単発でしか扱っていない分野の仕事に携わることができることなどが挙げられます。
自分の働きたい時に、自分のペースで働くことができるのは最大の魅力ですね。
また、看護師の職場では人間関係での悩みを抱えることがとても多くありますが、単発の仕事ではその仕事の時だけのスタッフ仲間となるため、人間関係での悩みは比較的少なく、これもとても大きなメリットだと思います。

 

デメリットとしては、仕事・収入が不安定(働きたいときに仕事が無いということもある)、福利厚生が保証されない(社会保険などには各自で入ることなど)、単発の仕事で働いていた期間は臨床経験年数に反映されない場合がほとんどである、その時その時の仕事先で雰囲気やスタッフが異なるため適応力が問われる(これに神経をとても使うという方も…)、仕事をする毎にそこそこの業務内容や使用物品等を把握・覚えなくてはならない、夜勤や病棟などでの単発業務の場合には、少ない時間の中で患者さんの状態把握やその職場の環境把握をしなくてはならないことなどが挙げられます。
単発の仕事は基本的に職場を転々とする形なので、スタッフや関わる方々と短時間の間で上手にコミュニケーションをとらなければならなかったり、その時々の状況に適応していかなければなりません。これは苦手な方と得意な方に分かれると思いますが苦手な方にとっては大きなデメリットですね。

 

また、社会保険が適用されなかったり、有給などはないため仕事をしない時には収入は保証されないなど福利厚生や生活の安定さでの面でも単発の仕事をしていくにあたってしっかりと理解しておかなければならないデメリットですし、単発の仕事では長く続けても臨床経験年数として見てもらえないことも理解しておかなければなりません。今後、正社員等で働きたい希望がある場合には、経験年数は収入にも関わってくることです。

 

看護師派遣単発.netでは派遣の求人を探している看護師さんに向けて求人情報を紹介しています。高収入の求人はもちろん、業種も多く扱っていますのでご覧ください。

看護師の短期の仕事のメリット、デメリット

看護師として働くにあたって、近年では長くひとつの職場で働き続けるのではなく、短期間のスパンで様々な職場で働くというような形で働く看護師もたくさんいます。
求人を見るとわかりますが、応援ナースなどの求人などがそのような働き方になりますね。

 

短期の期間で働くことを考えた時のメリットとしては、働く期間が最初から決められているため、プライベートと合わせて仕事をする時期、休む時期などのスケジュールを自分のペースで考えることができる、様々な職場・分野で働くことが可能であり、看護師としての経験を豊富に積むことができる、スキルアップに繋げることもできる、自分の得意不得意の傾向を働く中で知ることができる、人間関係や業務内容が向かない・辛い時でも期間限定と割り切る考えも持つことができるなどが挙げられます。
短期の仕事をすることで、その環境に早期に馴染むコミュニケーション能力や適応力、各々の職場での医療のやり方などを身につけることができ、スキルアップのために短期の仕事を選択する看護師もたくさんいます。
また、看護師不足が深刻な問題となっているような地域、医療機関での短期看護師募集は給与の面においても、やや高めに設定されている場合も多いことがあり、これもメリットと言えますね。

 

逆にデメリットとしては、業務内容やスタッフとの人間関係など職場に慣れてきた頃に業務期間が終了してしまうということがある、各々の職場に行く度に新たに業務内容を覚え、人間関係を築き上げなければならない、常勤看護師との雇用形態の差による働きにくさ、コミュニケーションの取りにくさがある場合がある、ボーナスや有給が無いなどの待遇面での不利な点がある、何らかの事情で辞めたいと思っても契約期間内は辞められないケースがある、応援ナースなどの場合には居住地の移動がある場合もある、期間が満了しても次の仕事の保証があるわけではないことなどが挙げられます。
やはり、短期という働く期間が決まっていることでの制約があったり、すぐに次の仕事を始めたいと思っても期間満了時に次の仕事が保証されているわけではないので収入や生活の面においての不安定さがあることなどが考えられますね。
社会保険や年金制度などの福利厚生に関する絡みについても各職場で受けることができたり出来なかったり、手続きを自分でしなければならなかったりなどがあるので、この点についてもしっかり把握し、理解しておきたいデメリットです。